ケアマネジャー試験制度が変わります

 2015年の試験は二重の負担?

免除科目がなくなります。

介護系の資格(介護福祉士等)の方は、福祉サービス分野の免除がなくなります。
医療系の資格(看護師等)の方は、医療サービス分野の免除がなくなります。
ケアマネジャー試験の受験者は、
介護支援分野(25問)
保健医療サービス分野(20問)
福祉サービス分野(15問)
60問の問題に挑戦しなければなりません。

介護保険制度が改正されました。

今までの制度や基準などが変更されます。
今までに覚えた内容だけでは対応できなくなります。
変更前と変更後の違いを整理しなければなりません。

一から勉強を始めなければなりません。
今まで以上に時間のかかる試験勉強が必要になりました。

そして、2015年度の試験に合格しないと!

2015年度の合格者の実務研修時間は、44時間です。
しかし2016年度からは、合格者の実務研修時間が87時間になります。
2015年度の試験に合格しないと、実務研修時間が43時間も長くなります。

 年々、ケアマネジャーを目指す人への負担は大きくなっています。受験するなら今年が最後のチャンスかも?

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>